« Osaka Sake Sonic 2010 | トップページ | 明治屋 »

コンピュータ将棋が女流棋士に勝った

と言うニュースが出てます。

で、プロに初勝利・・・と書いてるのがチラホラ・・・どころではない数の模様。
2年ほど前に大金星のニュースがなかったかなと思って調べてみたら
2008年のコンピュータ将棋選手権で、優勝ソフトがアマ名人と、準優勝ソフトが
朝日アマ名人とそれぞれエキジビション対局し、共に勝ってたとのこと。

2年後にプロとはいえ女流が相手なら、勝てないほうがオカシイ。

なんでこんなことを取り上げてるかと言うと、
今回のコンピュータ側のソフトは複数の将棋ソフトの合議制という特殊なもので、
その合議を行う将棋ソフトのひとつの製作者が知り合いだから。

某大学の同級生で、4年間同じ将棋部所属でした。
入部申し込みに「棋力」の欄があり、普通は「○段程度」とか「○県大会個人戦○位」
とか書くものだけど、彼だけは「自作ソフトで森田将棋に勝った」と書いてたっけ。

私はまともに研究もしないし飲み会ぐらいしか部に出ない幽霊部員だったけど、
彼は東北地方の将棋部の統括組織までやってたはず。

在学中に商品化され、なんか1回だけそのお金で呑みに行ったの何のという記憶が
あるけど、特に金回りがよかったという記憶はないなあw

しかし、友人の活躍を見ると、なんかモヤモヤしますね。

自分はこれでいいのか・・・

|

« Osaka Sake Sonic 2010 | トップページ | 明治屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Osaka Sake Sonic 2010 | トップページ | 明治屋 »